ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

「もっとも効率的」にはたしてどれほどの価値があるのか?



株式投資をしていると、人生を生きる上で大切なことを気づかされる機会がたくさんあります。今回から、新たなカテゴリを設けて、そうやって自分が株式投資を通じて気付かされた「人生で大切なこと」をぼちぼちと書いていきたいと思います。



株式投資を始めたころに、誰もが夢見るであろう投資法があります。
それは、

底値で買って、天井で売ること

自分が売買したこの銘柄、底値で買って天井で売っていたらいくらいくらの儲けになっていたな。っていう計算は株式投資を行う誰もが、一度はやったことがあるでしょう。それは、その期間でその銘柄を売買したときの「もっとも効率的」な資金の運用方法です。


しかし、株式投資において「底値で買って天井で売る」にどれほどの価値があるでしょうか?もっとも効率的に運用をするのにどれほどの価値があるでしょうか?


確かに「底値で買って天井で売る」ことが理想の売買だとしても、それはしょせん理想の話にすぎず、何回か売買をするだけでそうやって運用することはできないと悟ると思います。


そして、大事なのは「底値で買って天井で売る」ことではなく「上昇する銘柄にちゃんとその期間に参加していること(売買すること)」です。そうすればもっとも効率的じゃなくても、資産はちゃんと増えていきます。



株式投資と同じように、私たちは私生活でも「もっとも効率的」を常に求めています。


同じ品物を買うのでも「最も安い値段」で購入したいと望んでいるし、英語を学ぶ時や大学入試に代表されるような試験勉強をするときも、もっとも効率的な勉強法をするのが「賢い人」です。


「もっとも効率的」に果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?大事なのは「もっとも効率的」ではなく、「ちゃんと参加すること」ではないかと思うのです。



参考になりましたら、クリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ


ここ3年のパフォーマンス



ブログをはじめてから一ヶ月ちょっと。

株式投資についてブログ書くなら、自分のパフォーマンス位は書かないとと思いながら、書きたいことが多過ぎて(計算がめんどくて)、自分の中で伸ばし伸ばしになっていたパフォーマンスを書こうと思います。

とはいっても、投資歴は8年くらいあるなかの最近3年分です。っというのも最初の5年くらいは売買記録を全然つけていない横着者でして、案の定、リーマンショックであえなく撃沈してしまいました。おそらく3年前の今頃は株式投資資産の20%程度の損を抱えていたと思います。

その時「このままじゃいけない」と思いなおし、売買記録をつけるようになったので、売買記録をつけ始めてからの3年のパフォーマンスです。

実は、この「3年前」っていうのは、リーマンショックの底値が3年前の3月くらいなので、欧州危機があったとはいえ、私が投資する小型株の相場環境としてはとってもとってもいい環境でした。

自分のパフォーマンスにもその好調さは現れていて、途中増資したり減資したりはあるものの、株式投資資産を6倍にすることができています。

以下に、パフォーマンスの詳細を記載します。過去の取引内容も、時間ができれば書いていこうと思います。

パフォーマンスグラフ



パフォーマンス


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。

反応が薄いんですが、、、、、



一昨日、子会社解散と優待変更のIRを出したアテクト(4241)とランシステム(3326)ですが、一晩明けて昨日の終値は、アテクト:207円(-7円、-3.27%)、ランシステム:58700円(-300円、-0.5%)と全然反応が薄かったです。


出来高はこの銘柄にしては結構あった方ですけどね。




これ位は織り込んでいたのか?材料で尽くしか?まだ気づいている人が少なくてこれから下げるのか?



自分の予想はもっと下げると思っていたので、拍子抜けしちゃいました。下げなかったので良かったと喜ぶべきなんでしょうけど、、不思議な感覚です。


まだ下げる可能性は全然残ってると思いますが、バッドニュース初日の取引の感想は、



既に悪いと思われてる企業は、こんなにも悪いニュースに無反応なんだ



って感じです。その気になれば今日結構売ることもできたわけですから、そういった意味では業績回復株は低リスク?かもしれないです。


参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ