ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

ストレスのない投資を

投資資金の管理法や売買のルールを決めるときに、気をつけていることがあります。それは、


なるべくストレスのかからないルールにすること


ルールを作らずに投資をしていると色々な場面でストレスを抱えちゃうんですよね。
買った株が下げている時はもちろんですが、実は上昇している時も『いつ売るか?売ったあとにもっと上げたらどうしよう。売らずに下げたらどうしよう』といった考えが浮かんでせっかく株価が上昇しているのに、気が休まらなかったりします。


私は、こういった無用なストレスから身を守るためにルールを決めて、
いかにストレスを少なくして投資を続けられるか?に一番気を使っています。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

下落したときの準備をして買うくらいがちょうどいい ~持ち株下落に対処する方法~


株を買うときって「値上がりしそうだから買う」んですよね。
下がりそうって思う株をわざわざ買う人はあんまりいないと思います。

でも、買った瞬間から上げ続ける株っていうのはめったにありません。
多くの場合は上がったり、下がったり、そのままだったりを繰り返します。

そんなときに、上がった時の準備だけをして買っていると、

「なんで上がらないのだろう?」

っていう思いがストレスになります。
そして、受けたストレスを解放しようと思うようになって売っちゃう。
売った後に大きく上昇する。


ええ、自分、よくあるパターンです。


だから、いつも下げた時の準備をしてから買うように心がけています。
下げた時の準備とは、例えば

・この企業はどんな理由で下げる可能性があるか想定しておく
・買い増しができるように、最初は予定枚数の半分以下から買い始める

みたいなことです。

こうやって買うと、予定枚数を買う前に上昇しちゃうことも結構あるのですが、そんな時は予定枚数を買うことはあきらめることにしています。だって持株の株価が上がっているのに悔しがるなんてもったいないですもん。上げを喜びましょう。逆に、めいっぱい買って下げたときのほうがよっぽどショックが大きいと思います。


「何事もほどほど」で。


ストレスとか感情の揺れを抑えることのほうが大切だと思っています。


もし、参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

上がりそうな株だからってなんとなく買わない ~自分で考えて投資する~


今まで投資をしてきた中で、うまく利益を上げることができた取引にはいくつか共通点があります。その一つが「自分で考えて投資をした銘柄である」っていうことです。

買った理由がよく分かっている銘柄は、株価が下げに転じたときに、自信を持って買い増しができたんですよね。

逆に、『自分で』深い分析をしないで、なんとなく買っちゃった銘柄っていうのは、逆に株価が下がった時に、不安で不安でたまらなくなっちゃいます。それこそ夜寝られなくなっちゃうくらい。そして、結局耐えきれなくなって、狼狽売りしてしまう。

「自分が売ったソコが底」っていうのは、こんな売買した時が多い気がする。

全体的に株価が上がっている今日この頃、なんとなく買っちゃうことが多いので、気をつけたいと思います。
自分で考えて投資するっていうのは、とても大切なことなんですよね。



もし参考になりましたら、クリックおねがいします。

株式長期投資 ブログランキングへ


記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ