ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

上昇相場についていけてなくても焦らない

このところ株価の上昇が顕著です。
東証二部は30連騰だし、日経平均もここ一ヶ月でほどで1000円程あげてます。
エルピーダの会社更生法申請もなんのその。明るいムードが漂い、しばらくは株価は回復基調、今までが下げすぎだったといった話で持ちきりです。

私の資産も順調に伸ばしています。ただ、ちょっと前に現金比率が50%位になっていたので、この波に満足いくほど乗っかってるか?というと、そうでもありません。

こんな時って、焦ってよく調べないで売買してしまいがちなんですよね。この上昇に乗り遅れまいとする気持ちが無駄な買いに走らせてしまう。

今朝なんて、確定申告の準備しないといけないのに、何故か四季報読んでる自分がいました。いかんいかん。

「50%の現金分乗り遅れた」ではなく「50%の持ってる株の分上昇してる」という気持ちに切り替えて望みたいと思います。

少しでも参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ


あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、
これらの情報に基づいて投資判断をして、
結果的に損失を被ったとしても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、
自己責任でおねがいします。

長期投資に必要な8つの行動


つりっぽいタイトルですが、前回「変化の影響を考えて投資する」みたいなことを書きました。今回は実践編として具体的にどうやって投資するか?を考えてみたいと思います。

なにか新しい変化がおきたときに
新しい枠組みで考えて
実際にどうなっていくのかを予想して
それで、今の株価がめっちゃ安いと思ったら買う
しばらくたって、予想通りなら大儲け
予想と違っちゃったなーって思ったら売る


簡単に言うとこれだけなんじゃないかなって思います。
だから、

  1. 新しい変化をキャッチする
  2. 新しい枠組みで考える
  3. 実際のどうなるかを予想する
  4. その予想に照らし合わせて今の株価が安いかどうかを判断する
  5. 実際に買う
  6. 予想の結果が出るまで待つ
  7. 予想通りになった時に再度株価に照らし合わせて売る判断をする
  8. 予想と違ったときには潔く撤退する

これがちゃんとできれば、投資はうまくいくんじゃないかと思っています。上に書いた一つ一つを詳しく考えだすと、それこそ本が何冊も書けますけどね。これができないから難しいんです。

情報をキャッチできなかったり、
めちゃめちゃ楽観的な予想立てちゃったり、
実際には割高なのに安いと思ったり、
実際に買わなかったり(買う資金がなかったり)、
予想が当たるまで待ち切れなかったり、
株価に反映される前に売っちゃったり、
予想と全然違うのに損切りできなかったり、
急騰したら飛び乗っちゃって上髭でキャッチしちゃったり、
急落にビビって下髭でうっちゃったり、、、、、、、、、、、

投資は難しいです。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ


twitterも最初はブログと比較されていた その2 ~変化の影響を考えて考えて考え抜く~

前回の記事の中で「どうやったら新しい変化の影響を敏感にとらえることができるか?」を考えてみたいと思うと書きました。

色々と考えてみたのですが、結局は「自分の頭で考えて考えて考え抜く」。それが新しい変化の影響をとらえる方法なんじゃないかと思うようになりました。その中でも特に「今までの常識の枠組みで考えない」ってことが一番重要だと思います。

前回のtwitterの話しても、twitterが最初に出てきたときには「ブログとの比較論」みたいなのが当時すごく流行っていたいた気がします。そのなかで「twitterはブログと一緒だから流行らない」みたいな話もあって、それって今にして思うと「今までの常識に照らし合わせて考えてる」典型的な例なんじゃないかぁって思います。

今になってみると思いますが、「ブログか?twitterか?」みたいな「or」ではなく、「ブログも、twitterも」の「and」だったんですよね。「twitter」が生まれたその時点で「and」の新しい枠組みはできてました。ただ、それが「今までのtwitterがないころの常識」で考えると「or」だと思った。

こういった話は全て後になってみればわかりますが、その当時にもしそのことを推測することができていれば、そして例えばその推測に賭けて「twitter」に投資することができていたら、大きな利益を得ることができていたと思います(ま、twitterはベンチャーキャピタルでもないとなかなか投資はできませんけどね)

このような社会的な大きな変化の流れもありますが、個々の企業のプレスリリース1つとってみても、それが業績にどのように影響を与えるのか?株価は上がったけど、もっと業績へのインパクトは大きいんじゃないのか?とったように、何か新しい変化が起きたときに、今までの常識ではなく、新しい枠組みで考えるクセみたいなのを持つことができれば、投資家としては大きなチャンスを得ることができると思います。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ