ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

現金化を加速

英国の国民投票を前にキャッシュポジションを大幅に高めました。


株価的には落ち着いていて、何だか否決されるようにも感じますが、まさかの時が一番怖くて、何があるかわからない内は大きなリスクを取るべきじゃないと判断しました。


サイオステクノロジーとかかなりのリスクを取った割には、いまいちの結果になって残念です。
後ろ髪ひかれる思いではあますが、今までのポジションがいつもと違っていたので、長い時間このままでいるリスクが高すぎると判断して大部分を撤退しました。


否決で上げたらそれはそれでしょうがないって思うことにします。(できるかどうかわかりませんが、、、、)




 

サイオステクノロジーが2日連続ストップ高!!

持株のサイオステクノロジーが2日連続のストップ高!!


イエイ!!


いい決算でしたね。


遅延していた決算発表の日までかなり売り込まれていたので、それはもうナンピンにつぐナンピンで、、、、お腹いっぱいの状態での好決算。決算発表後もなぜかストップ高付近で売買が成立していたので、証券口座に残されたありったけの現金を使って最後のおかわり。非効率の扉が開いた瞬間でした。

正直、こんなリスクの高いトレード方法は余程の安全域(バッファ)がないと取れないわけで、それはメチャメチャ低いPSRとPRR、子会社の不正会計に対する詳細な報告書、大塚商会やトヨタとの関係、AIやフィンテックなどのテーマ性等々。それらを総合的に判断して安全域が広いとの判断でリスクの高いトレードをぶっ込みました。たかだか売上規模数億円の子会社の不正会計での株価下落なんて、天与の買い場と判断ししました。


1Qの売上が凄いことになっているので、この後通期でどれくらいの売上になるか楽しみです。
一度契約したら継続的に売上が発生するストック型の企業ってことで、売上急減はないでしょ。
逆に、SIOS iQやQUANTUM(クォンタム)、GlabioのMBaaSやよい軒の海外進出の進捗などによる新規売上がこれから上がってくる可能性を考えると、上振れも考えられるんじゃないかとワクワクしちゃうくらい。


ただ、毎年1Qが一番利益率が高い傾向があるので、利益についてはどこまでついてくるかわからないですね。不正会計処理の経費も上乗せされるでしょうし。赤字はなさそうに思えますけど、こればっかりはどうかなぁ。


ここの経営陣はあんまり会計上の利益を重視した経営してないんですよ。EBITDAを指標にします的なことが書かれてますが、新しい技術の開発だとかに重きを置いている感じ。赤字も辞さない構えで、REDHATを購入したり、研究開発費に多額の資金を投入したりして。


株主としてはちょっぴりせつないときもありますが、それでもそれを貫いていけば売上は後からついてくるし、売上が上がれば利益もついてくるだろうって感じなのかしら?実際そうなりつつあります。


地合い的にはあんまりよくないので、来週は無理せずにほどほどに過ごしていきたいと思います。


投資は自己責任で。
 

収益不動産を売却

ちょっと前の話になりますが、収益用のアパート1棟を売却しました。

売却の理由は、税金のことやら、不動産市況のことやら色々とあるのですが、一番の理由は


やってて面白くなかった


これが一番大きい理由です。


5年以上やって、トータルの空室率は5%下回ってたし、滞納はもちろんなかったし、クレームもほとんどなかったしと、はっきり言って順調そのもののアパート経営でした。


でも、やってて全然面白いと思えなかった。ATMのように毎月家賃振り込まれてたんすけどね。


株の銘柄選択でもなんでもそうなんですが、それを自分が面白いと思えるかどうかって、恐らく一般的な人が考えているより重要性が大きいと考えています。


そりゃ、市況とか、景気動向とか、人口動態とか、銀行の融資姿勢とか、なんなら雇用統計とか、、、周りの状況を考慮するところはもちろんあるんですけど、これ、自分の中では1番大切なことじゃないんですよね。


もっとわがままに好きか嫌いかでやっていいと思うんすよ。


世界は自分で作るもんす。


1番大切なのは自分がゴキゲンでいることなんじゃないかなぁって思うこの頃です。



記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ