先週の金曜日(2012年9月7日)にアスカネットの第一四半期の決算短信が発表されました。


アスカネット 平成25年度第一四半期決算短信 
http://www.asukanet.co.jp/main/ir/pdf_library/20120907-tansin.pdf


今期は前期と比べて減益予想をしているので、
それを受けての進捗がどうなっているのかが焦点でした。
結果的には期初の予想の進捗25%と予想通りの進捗の結果。
良くも悪くもサプライズはなしって感じですね。


アスカネット15Q

売上も変化なし、営業利益&経常利益が下がっていますが、
新規事業立ち上げで二千万くらいの赤字が出ているのしょうがないでしょう。
エアリアルイメージング事業が実を結べば回復してくると思いますが、、、、


この会社は、メモリアルデザインと、パーソナルパブリッシングの、
二つの高ROA事業(ROA11%!!)で稼いだ資金を使って、
エアリアルイメージングという夢のある新規事業を育てているところが好きで投資しています。

無借金経営なので、BSは全然問題なし。
買掛金や棚卸資産、各種資産に大きな変化はありません。
もう少し詳しくP/Lと部門別の売上・利益をみていくと、

アスカネット151QPL

原価と販管費が少しずつ上昇してきているために、利益がへってきているのがわかります。
それでも粗利で50%を超えているので、全然高利益体質であることには変わりません。
今年もROA10%を超えてくるんじゃないでしょうかね。


事業別では、順調だったメモリアルデザインが、
増収ではあったものの、減益になってしまったのが気にかかります。

パーソナルパブリッシングは、相変わらずの減収減益ですが、
欧州があんなにひどい状況にもかかわらず、減収の速度が遅くなってきたので、
そろそろ減収減益も底をうつかなって感じですね。

期待のエアリアルイメージングについては、まあ、こんなもんでしょう。
四季報や社長のインタビューでは、今年の下期にも量産化が開始されるとのことで、
どれくらいの売上がついてくるでしょうか?
まあ、こういった新規事業の予定ってのは遅れることが多いので、
今年は過度な期待をせず、減益でもよしってことで、株価は期待しないで静観です。
いつものことですが、投資は自己責任でお願いしますね。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ