ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2012年03月

業績回復株がマイブーム



最近は業績回復株がマイブームです。


自己資本比率が30%を切ってようが関係ない、有利子負債が自己資本の倍くらいあってもへっちゃら、ようやく先行投資の結果が出そうで、業績の回復が著しく、過去最高益を悠々と超えてきそうな、そんないくつか銘柄に強く惹かれちゃってます。


前回の記事に書いたランシステム(3326)なんかもそのたぐいです。決算内容からは、ゲーム販売事業売却で売上もへってるし、全然業績回復してないですけどね(笑)


まあ、財務の安定した成長株みたいなまっとうに買えるものがなくなってきたのと、利益確定して大幅にキャッシュができたのと、もし無くなっても今回の相場で稼いだ利益なんでいいかな?っ的な、そんな甘い気持ちが、リスクの高い投資に自分を駆り立てているんでしょう。


リスクが高いので、そんなに大きな額を投資はしていません。


資産バリューは嫌いなんですよね。やっぱり成長株が面白い。



え??
公募増資?
第三者割当増資?
転換社債?
MSCB?


実施された時には、いち既存株主として、財務改善を喜ばせていただきます。っていうか民事再生法の適用とかのリスクもありますが、、、今まで財務の安定した会社にばかり投資していたので、冒険もしてみたくなりました。


何事も経験ですね。


参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、
これらの情報に基づいて投資判断をして、
結果的に損失を被ったとしても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、
自己責任でおねがいします。

ランシステム(3326)を購入 



先日発売された四季報から、1銘柄購入しました。
ランシステム(3326)です。


名前だけ聞くとIT業界のような会社ですが、違います。ご存知の方も多いと思いますが、自由空間というネットカフェを運営している会社です。


この会社、「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け」に出てくるような、つまらない名前のつまらない業種の、誰も見向きもしないような銘柄です。(株主優待のために、5月には注目されますけどね)

実際、Yahoo掲示板の投稿は月に1~2回ですし、流動性はとても低いです。

ネットカフェのような業態に今から新規参入があるようには思えません。店舗数も今は180店舗ですが、5年後に300店舗を目指すと店舗拡大の余力もまだあります。ランシステムっていう何やってんだかよくわからない名前もいけてます。



時価総額10億で、PER5倍・PBR0.7倍(配当なし)と割安。財務状態は昔いろいろやったツケがあって、有利子負債も多いし、自己資本比率も低くて、あまりよくないですけどね。色々やった末に、自由空間にたどりついたと思えば、それもいいでしょう。



実は、こういったネットカフェの全国展開による成長以外に、+αで「システム販売」っていう隠し玉(勝手にそう思ってます)があります。先日、カラオケのまねきねこ本舗にシステム導入のプレスリリースが出ています。


このプレスリリースをみた時に、「800万円→100万円→1億円達成の株式投資術」の管理者えす氏が書かれた、書籍「サラリーマンが株で一億円を稼ぐ!! 」に出てくる「クインランド(2732)(現在は民事再生申請をして自己破産)」を、思い出しました。そして、これはいけるんじゃないか?っと思ったのです。


クインランドは中古車販売行でガリバーのフランチャイズ事業で有名な企業でした。でも自社でつかていたシステム販売も手掛けていて、そちらでかなりの利益を出して、それにいち早く気づいたえすさんが、投資して、大きく利益を上げたって話だったと思います。


ってかこのランシステム(3326)もそのまんまじゃね?


ま、めちゃくちゃ流動性が低いので、買うのに相当苦労しますけどね。



参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。

株式投資は人生に彩りを与える



前回の記事で、株式投資を趣味とかきましたが、
株式投資を行うことで普段の生活の中で、
自分のアンテナに引っかかる情報が増えたように思います。

なにか新しい店がオープンしたり、
新しいサービスができたりすると、
この会社は上場しているかな?
なんて会社のHPをみちゃったりします。

日経新聞をじっくり見るようになったのも株式投資をしてからだし、
しかも、前は新聞の内容をそのまま受け止めていたのに対して、
今はそのニュースが意図するところを考えたり、
その影響を自分で考えたりと、
自分で判断する材料としてとらえられるようになりました。

「当事者意識が、アンテナの感度をあげていく」っていうのは、
こういうことなんでしょうね。



株式長期投資 ブログランキングへ



株式投資の人生における位置づけ



よくよく考えてみると株式投資に結構時間を使っています。

暇があれば四季報読んでいますし、
気になる企業の決算発表があった時は、
仕事終わった後の夜中に決算内容をチェックするときもありますし、
日ごろ、株価の値動きをチェックすることも多い。


結構、貴重な時間を使っているので、
もったいないなと思うことも正直あります。
その分人と会っていたら、本を読んでいたら、英語を勉強していたら。
違った時間の使い方もあるはずです。


それでも、それでもあんまり苦痛に感じることが少ないところみると、
結局「株式投資が好きなんだろうな」って思います。


株式投資は自分にとって趣味なんでしょうね。
なんなら履歴書の趣味欄に株式投資って書いてもいいくらい。


逆に言うと、株式投資を人生の全てにしてはいけないなっとも思います。
感情的になって、抱えられないほどのリスクをとらないよう注意しないと。
人生の中の一部分と位置づけて、
「人生を豊かにしてくれるもののひとつ」として取り組んでいきたいと思います。
ま、趣味が高じて実益に結びつけられればいいなってくらいで。


もしよかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、
これらの情報に基づいて投資判断をして、
結果的に損失を被ったとしても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、
自己責任でおねがいします。

「毎月、毎年、いくらいくら稼ぎたい」の危険 ~安定収入を目指すのに株式投資は向かない~



自分は株式投資の目標をたてるときに注意していることがあります。
それは、


毎月とか毎年とかそれくらいの短いスパンで目標金額を設定しないこと


です。


前々回の記事にも書きましたが、株式投資に「確実」を求める考え方はいい結果を生みません。
そういった意味では、「毎月10万円稼ぐ」だとか「年間30%のパフォーマンス」といった目標は、立てた時点で確実を求める気持ちを作ってしまいまかねません。

また、場合によってはひと月に500万稼ぐチャンスがあるのを、みすみす10万にしてしまうような取引をしてしまう可能性だってあると思います。


株式投資に安定収入を求めるのは、危ない考え方だと思います。


参考になりましたら、クリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、
これらの情報に基づいて投資判断をして、
結果的に損失を被ったとしても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、
自己責任でおねがいします。
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ