ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2013年02月

暴落相場で頭が真っ白にならないために

金曜日は久しぶりの暴落でしたね。
最近の値上がりが大きかったのもあって、体感としては数字以上に下げたように感じました。


そんな中最近、海馬―脳は疲れない (新潮文庫)って本を読んでいて、これは暴落相場で参考になるなぁって思うことがあったのでご紹介。


この本の最初の方に、糸井重里さんがユニクロの柳井さんにインタビューしたときの話が書かれています。

その中で、柳井さんが『いちばん大事なのは、どんなことがあっても真っ白にならないことです』って言っています。


これって、金曜日みたいな暴落相場での投資家にも当てはまりませんか?


そして、続けて糸井さんが『ぼくは経験からいうと、真っ白にならないテクニックがあると思ってるんです。「自分は真っ白になってない」と思い込むっていうものなのですが。・・・真っ白になってないと考えているかぎり、人は何とかしようと思えるんですよ。・・・とにかく、「何とかしよう」と思えないのが、いちばんあぶない。』


な〜んてことを言ってるんです。これ、めっちゃ参考になりませんか?


投資をしていて、思ってもみない暴落にあったときって、頭の中真っ白になりがちです。いや、最初は絶対そうなりますって。


そんで、一切の情報をシャットアウトして株価をみなくなったり。持ってる株をなりふり構わず全部売ったり。リスク許容を超えるくらい一つの銘柄にナンピン買い入れちゃったりしちゃう。



あー俺もやったなぁなんて思い当たることありませんか?ちなみに自分は全部やったことあります。



そんな感じで、実際にやることは様々ですが、大体こんなことするときってのは、頭の中真っ白になって思考停止になっちゃってることが多い。最初から想定していた行動ならいいんですけどね。




そうじゃなくて、どんなに辛い状況でも、いかに今の状況で損失を少なくするかを粘り強く考える。もう一歩進んで、いかにこの変化を儲けに変えるかを考える。


そんな忍耐強さを持っているかどうか?っていうのが、投資家としての力量を問われるところなんじゃないかなぁって思います。



その方法の一つとして、糸井さんがいうような、『自分は真っ白にならない』って言い聞かせる方法は、結構有効だったりするんじゃないかなぁなんて思いました。


どんなことがあっても諦めない。というか、最後まで粘り強く相場と向きあうみたいな覚悟が必要なんじゃないかってことです。



あと、手前味噌で申し訳ないのですが、以前に自分が書いた、「葛藤保持力を持つこと」だったり、「100点を狙わない考え方」だったりすることも、一つの頭が真っ白にならない方法なんかなぁなんて思いました。


中途半端な状態にどれくらい耐えられるかで自分の成長を判断する
http://blog.livedoor.jp/kenbou2012/archives/20206645.html

100点を取らなくてもいい
http://blog.livedoor.jp/kenbou2012/archives/7009412.html



えらそうに書いちゃってますが、自分もまだまだ修行が足りないですけどね。



月曜日からどうなるかわかりませんが、もし再び急落があったとしても、真っ白になることなく、粘り強く相場と向きあっていきたいですね。



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

これから調整なのか??

朝からの指値で寄り付きDDSを買い増ししました。その後ほっておいたら、いつ間にか全体が暴落してたんですね。



全然買うの早かったですね。しかたないです。



持ち株的にはDDSその他もろもろの下落分をアテクトが補填した感じで、評価額的にはあまり変わりませんでした。



今日は買いそびれた感もあるけど、安値覚えをしているので、勝負買いするには、まだ高い気がするんですよね。


今回はこれで上がっちゃったらしょうがないって思うことにして、もう少し引きつけてから買って行こうと思っています。一気に買わずゆっくり、ゆっくりとです。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

DDSの修正発表

宝くじ銘柄として、保有しているDDSが業績予想の修正を発表しました。

内容が複雑で、しかも自分の本業がやたらめったら忙しいので、あんまりフォローできてません。でも、ま、今季は別に悪くてもいいよねって感じです。


来季に向けてはいい準備が整ったんじゃないかなっていうのが感想です。


かなり財務的には厳しい銘柄なんで投資の際には気をつけてください。投資は自己責任でお願いします。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

アテクトの〜上方修正&増配が〜キタ〜〜!!

いやぁ、今日はデータホライゾンの3Q決算について、やっちまったな的なこと書こうかと思ったんですが、、、なんと場中に主力銘柄のアテクトが上方修正&増配してるじゃないですか!!


データホライゾンは繰延税金資産の取り崩しで痛い目にあったんですが、この調子だとアテクトではそれは何とか避けられそうですね。


ってか、データホライゾンで流動資産のところの繰延税金資産額が増えたのがめっちゃ気になる今日この頃です。



っていうかアテクトの上方修正後の利益が3Qとほぼ一緒やないですか?


慎重すぎ〜〜。


タブレット需要が一段落したら半導体関連は厳しいんですかね?っていうか場中の発表は勘弁してもらいたいっす。


アテクトは調子良かったんですが、その他は結構下げてますね。しばらくは調整でしょうか?



サイオス売って、キャッシュは潤沢にあるので、またまた少しづつ狙った銘柄を買って行こうと思います。ゆっくり、ゆっくりといきましょう。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ




今こそ過去の売買記録を振り返ろう 〜自分に自信を持たせるために〜

何をするにも自分に自信を持つことは大切です。もちろん、株式投資においても。



人の行く裏に道あり花の道



とも言われるように、大衆心理に流されることなく、堂々と裏の道を歩けるのも、自分に自信を持っているからこそできることでしょう。



では、手っ取り早く自分に自信を持たせる方法とはなんでしょう?



その一つが、過去の成功体験を振り返ることではないでしょうか?



過去に成功したことを思い出すことによって、俺っていけてんじゃんって思う。それが自信につながる。


そして、相場が好調で多くの方が利益を出しているであろう今こそが、過去の成功体験を振り返るのに最も適した時なんじゃないか?っていうのが、今回の記事で伝えたいことです。




っというのも、最近ビックリするほどよくわかる記憶のふしぎ (サイエンス・アイ新書)って本を読みました。


そのなかに「いまの生活に不適応な人の過去は暗い?」と題して「引き出される過去の出来事は「いま」の心の状態によって変わってくる」っと書かれていたんです。



つまり、今現在の心理状態がよければ明るいことを思い出し、悪ければ暗いことを思い出すように、自分で記憶を再構成しちゃうらしいんです。



ってことは、今相場が好調で利益が出ている今こそ、過去の成功体験を振り返って、自分に自信を持たせる絶好のチャンスってことじゃないですか?



今、過去を振り返れば、あのリーマンショックで大損した暗い過去なんて記憶の彼方。1ミクロンも思い出さないはず。その代わりに相場でボロ儲けしたことばかりが思い出されるはずです。理論上はね。




ってことで、バンバン昔を振り返って「俺って最強のトレーダーだわ」なんて調子こいちゃいましょう。そして自信を持って裏の道を歩もうじゃありませんか!!



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ



記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ