ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2013年10月

レッグス(4286)を買っちゃいました

本日の値上がり率堂々の第1位、前日比60%UPのレッグス(4286)を購入しました。


鳥人ブブカ(今ならイシンバエワか?)も真っ青の超弩級のジャンピングキャッチ。織田裕二も大興奮。つい先週からみて既に株価3倍。25日平均線からの乖離率は驚きの193%。3空では飽き足らずの4空。しかも今日は値幅2倍。


と、チャート的にはあり得ない、今日株を始めたばかりの人でも手を出さないであろうところで買いを入れました。押し目を待てないところ、自分、10年株やってても成長してないってことですね。


でも、スマホアプリ進出のニュースが出たあとでの1600円は安いと判断しました。短期の値動きはおいておいて、レッグスの立ち位置でスマホアプリへの進出は、株価3倍を超える大変革だと妄想しています。


現株価でのPERは今季予想で34倍。
今季予想売上は100億、純利益は2.4億。


今回のニュースのスマホアプリのDLの値段は1,200円。日本でのまどかマギカの累計映画入場者数は80万人。ソードアートオンラインのGREEでのダウンロード数は30万人。仮にどちらも10万人がDLしたとすると、1200円×20万DLで売上2億4千万円。利益率3割とすると利益で7.2千万円。


アニプレックスとの提携だし、それにレッグスは、過去の他の取引で名探偵コナンを取り扱った実績もあり、サンリオとはアジア向けに共同会社を設立していることを考えると、もし仮にこれからナルトやコナンやキティーで同様のアプリが発売されたら、利益が倍々になってもおかしくない(なんの確信もない完全な妄想です)。


また、今は日本だけの計算なのでそれをアジアや世界に目を向けるとさらに倍でドン。


そう考えると今のPER34倍なんて安くね?


な〜んて何も決まってないし、始まってもいないのに、壮大な妄想を広げてしまいまして、、、グリーンモンスターのホームランボールも取れるくらいの超弩級のジャンピングキャッチをしてしまいました。


何もあえて今日買わなくてもいいような気もしてるけど、昔から待てない性格なんです。そんなに数は買ってないので宝くじ感覚で。


ちょっと前の記事で書いていたバリュー株や業績回復株投資とは一線を画する、波乱万丈のグロース株投資。今の様な好調な相場が続くなら、明日以降の展開が楽しみです。


さっそく明日ストップ安にでもなったら笑ってやってくださいな。


ではでは。



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。

ほんとに3分の1になっても知りませんから。



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

ウィルソンラーニングワールドワイド(9610)を新規購入

ここ1ヶ月ほど、いくつか新しい銘柄を購入しています。先日はテノックスを書いたのですが、今回はウィルソンWLW(9610)について書いてみたいと思います。


世界各国で企業向けの教育研修を行っている会社です。この会社も一昨年まで赤字を出していまして、いわゆる業績回復株です。


今年の3月に日経新聞社による第三者割当増資があり、一時急騰(700円台)を見せたのですが、その後勢いが続かず今の株価(400円台)になっています。


予想PERは7倍台(税会計効果がありますがとりあえず)と割安。PBRは1.4倍強ですが、ROEが20倍と高ROE銘柄であることを考えるとこれ位のPBRはあってしかるべきだと思います。


何でこの株価なのかは良くわかりませんが、業績回復がまだ一年しか確認できないこと、第一四半期の利益がが前年より悪いこと、日経新聞社との提携事業の先行きが不透明なことなどが自分では思いつく理由です。



業績の変動が激しかったことから景気循環株だと捉えられているのかな?他に何か思い当たる節がある人は教えて欲しいっす。



それにしても、世界各国で利益をあげていることから円安効果も望めますし、実は日本での業績が良くないのが一番のこの会社のネックだったことを考えると、日経新聞社との提携はポジティブに評価できると考えています。


財務状態も悪くなく、日経新聞社への増資は提携を強める意味合いが強いですし、高ROEなのは借入金が多い訳じゃなくて粗利が高いためで、価格競争力があると見ることができます。


知識社会の昨今、企業にとっても社員教育はどちらかというと削減できない経費になりつつあるのではないでしょうか?



そう考えると、世界的展開をはかっていて、この業種で、人気の高ROE株で、このPERは割安だと思うんですよね。



ほんと何で今の株価なんだろ。なんか見落としてるのかな?今期業績が厳しくなるのかな?



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

URL変更&ツイッターはじめました

ライブドアブログでは、好きなドメインへの変更ができるサービスが始まったとのことで、ブログのURLを変更しました(前のURLでも表示はされるみたいです)。

変更前 http://blog.livedoor.jp/kenbou2012/

変更後 http://kenbou-invest.blog.jp/


それと、今更ですがTwitterはじめました。もしよければフォローお願いします。

@kenbou2013



人気ブログランキングへ

エッチケーエスの決算発表

持株のHKSの決算発表がありました。


HKSの決算
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120131004033037.pdf


前期の数字は、先週の金曜に上方修正が出てたので(今日一時ストップ高!!)、焦点は今期の予想数字でし。前回ブログに書いた予想に反して(?)、強い今季予想なんじゃないですか?


今季予想(内は前期実績)
売上 7800(7253)
営業利益 420(297)
経常利益 420(502)
純利益 250(188)



売上で7%、営業利益で42%、純利益で32%それぞれアップと、大幅アップの予想です。(経常利益は前期は為替の利益がありました。)

これで今季予想PERは今日の終値で10倍を切ってきました。営業CFも950百万と大きくキャッシュを稼いでいます。


しかも、CFやBSをみると長期借入金6億を借りてきており、キャッシュは充分稼いでいる中の借入で、ひょっとすると投資による業務拡大するのでは?な〜んてあらぬ期待をさせる内容です(定期預金しながら借入してるのはちょっと??ですが)。


主要取引先のA社も気になるところですが、アフターマーケット事業も順調のようで、今期は何より天然ガスエンジン事業の復活が待たれるところです。



<関連エントリー>
HKSが上方修正
http://kenbou.blog.jp/archives/33018329.html


HKSの第三四半期決算
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/29553527.html


国際会計基準からのれん代が外れる
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/28582259.html



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

テノックス(1905)を新規購入

先月から新規で購入している、いくつかの銘柄があります。ちょー流動性が低いのでブログに書くのをひかえていたのですが、一定の枚数を保有できたので書きます。


その一つが「テノックス」(1905)です。


地盤改良の大手と四季報には書かれている、土木建築関係の銘柄です。2年程前まで赤字の会社だったので、いわゆるマイブームの業績回復株の位置づけで購入しました。


不動産とか土木建築関係って今まではあんまり好きな業界ではなかったのですが、やはり何事も経験が必要ということで買ってみました。


手元の現金と売掛金(手形や未収金)から負債をひいた額が、時価総額を上回っているので、資産バリュー株でもあると思っています。PBR0.3倍代。


っとは言っても、売掛金(っというか手形)の割合が大きいんですよね。やっぱりここら辺は土木や建築関係なので、手形の回収に時間がかかるってのは仕方ないんでしょう。


これをどう評価するかによって資産バリューがどうか意見が分かれるところじゃないかと思います(だから建設関係とかあんまり好きじゃないんですよね)。とはいえ、この資産に対する株価水準は、同業他社と比較してもやっぱり割安だと思います。


しかも、幾つかのニュースを見ると、この会社が開発したテノコラム工法などの工法が優れた工法だそうで、前期の第二四半期ごろから受注が増え、業績が急回復してきています。ここ最近の粗利が良くなっているのも、ここら辺での差別化が効いてるんじゃないかと推察しています。


受注状況みても、道路の架橋といった公共事業以外にも、物流センターや病院などの民間需要もしっかりと受注しており、今後の復興や国土強靭化政策も勿論そうですが、消費税の駆け込みやオリンピック需要なんかも取り込めるんじゃないかと妄想しています。


そして、四季報情報によるとベトナム進出にも意欲があるとのことで、成長の余地も充分。


独自技術を軸にした業績回復、割安な株価、好調な受注状況に海外展開。そんなこんなで購入に踏み切っています。資産があるので、増配するなど、もう少し株主に還元する姿勢がみられるといいんですけどね。第二四半期でどれ位の数字が出てくるか楽しみです。



昨日書いたHKSもそうですが、こちらも1000株単位で流動性に難あり。まずは投資単位の引き下げが欲しいところです。


なんせあまりの流動性の低さのため、去年、市況株全力2回建ブログでネタにされてる位ですから。



飛島建設(1805)と間違えてテノックス(1905)を買った個人投資家が晒し者状態に
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65643075.html


(けちょんけちょんな言われようですが、結果的にこの人書き込みをした人が、そのままテノックスを持ってたら、今日の株価で約1.7倍高(225円→386円)になってます。買う予定だった飛島建設(147円→160円)より高いパフォーマンスです。ここら辺は投資スタンスとの相性もあるので、この結果だけをみて、後ろ向きで評価するのはアンフェアですけど。)


中間配当も見送られたし、この会社も自社の株価にあんまり興味なさそうなのが難点です。



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ