ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2013年12月

めっちゃ期待したのに

本日、HKSが立会外分売を発表しました。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120131209070095.pdf


最初にこのIR見たとき「おっ」て思ったんすよ。なんせ、売買単位が100株って書かれてましたから。


今、1000株単位なんで、ついに100株に分割ですかと。それなら流動性改善の為の立会外分売も喜んで受けますよって思ったのですが、、、、18時30分に訂正のIR。


https://www.release.tdnet.info/inbs/140120131209070394.pdf


100株は間違いで、やっぱり1000株が売買単位だそうです。


うーん。


本気で流動性改善したいなら、立会外分売じゃなくて分割だろと。訂正のIR出してる場合かと。3%弱の希薄化するよりも、流動性改善するんじゃない?NISAも始まるのに1単位60万以上じゃ、NISA口座で2単位も買えんわ。


最近社長が奥さんらしき人に株を売却したりして、節税対策なのか、東証1部へのくら替えを狙っているのか、それとも何か他の理由があるのか、既存株主としては何だが釈然としないIRが続いているHKSです。



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

アテクト突然のストップ高

突然、持株のアテクトがストップ高!!


イェイ!!


どうやら日経産業新聞の一面に、PIM事業の車載パワー半導体用ヒートシンクの事業化記事が載ったみたいです。

http://kabukei.minkabu.jp/posts/217295


記事によると、「5年後には年間100億の事業に拡大したい」とのことで、また大きく出たなぁ。

ちなみに去年の売上は会社全体で25億なので、PIM事業だけで去年の全体売上の4倍の事業にしたいとのこと。



話が大きいのはいいことなんですが、この会社の長期展望は、ちょっと楽観的な予想をする傾向があるんですよね。


2010年の中期経営計画(下記に記載)では、今年は既に100億の売上を出してる計画だったのを考えると、今回のニュースも浮かれすぎず、まあ話半分位で受け取った方が良いのかな?なんて思っています。


アテクトが2010年に出した中期経営計画
http://www.atect.co.jp/ir/IRdata/pdf/100129chuukei.pdf


話半分でも今の売上の倍ですから。


何にせよ、工場移転による特損警戒で売りたたかれていたので、いいニュースが舞い込んで良かったです。



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。


<関連エントリー>
事業構造からみるアテクト(4241)の改革
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/29085784.html


アテクトがストップ安&買い戻し
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/33886358.html


アテクト(4241)
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/4515182.html




よかったクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

半導体製造装置販売額、14年度は23%増の見通し

今日は日経平均が急落したみたいですが、持株はほとんど影響がありませんでした。元々連動して上がってなかったのが大きいのかもしれません。下げる時だけ付き合う時もあるので、そうならなくてよかったです。


今日は日経新聞の記事で個人的に嬉しい記事を見つけました。


国際半導体製造装置協会の見通しとして、半導体製造装置の販売額が、2014年は2013年に比べて23%増の394億ドルになる見込みだと発表したそうです。(リンクは省略)


別のニュースでは、半導体の販売額も13年度は最高記録を更新したようです(こちらもリンクは省略)。


業績回復投資として、半導体製造装置シフトを組んでいる自分としては、この見通しのような需給好転の波に乗って、投資先の企業の業績も回復してくれるといいなぁっと。


ただ、持株のテセックやタツモはこのニュースにはほぼ反応なしでしたけどね。。。株価に影響するにはしばらくかかりそうですね。


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ