ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2015年01月

持株の決算日程のおさらいと見どころ

そろそろ決算の時期なので、保有株の決算日程のおさらいと見どころを確認。

サイオステクノロジー(3744) 1月31日
4Q決算なので、来期の予想に注目が集まるところ。
NTTぷららなどの大口の受注や、有価証券売却益などの特別利益も見込まれているので、大きく利益が落ち込んだ今期からどの程度回復がみられるのか確認。また、人員増など積極展開を図っているので、人員施策も確認したい。
また、ちょっぴりマニアックになるけど、繰延税金資産の内訳も見てみたい(有価証券報告書だけど)。というのも、無形固形資産のソフトウェアの額があまりに小さいので、費用計上を積極的に行っているのではないか?っと感じているため。詳しくはまた一つの記事にしたいと思っています。


アテクト(4241) 2月7日
現状のままでは株価の割安感がないので変化に注目。
半導体事業の4Kテレビの影響による売上増の程度、衛生材料事業の原油安→スチレンモノマー安によって利益が改善されているのか?または今後改善の見込みがあるのか?、PIM事業の売上の伸びと大手企業などとの契約の話が具体性を帯びているか?などに注目。


テセック(6337) 1月28日
業績の回復具合を確認。前四半期決算では売上は伸びたものの、受注状況に伸びがみられなかった。今期でしっかりと受注が獲得できているかを確認したい。特に今後の売上の柱になるべきMEMS関連の動向に注目。


アルメディオ(7859)  2月4日
買収後2四半期目を向かえるストレージデバイス事業の売上&利益に注目。また、中国経済の減速が噂されている中、売上の中国に占める割合が高い断熱材事業の売上が大きく下がっていないかも確認したい。



ちなみに、各社のHPには決算の日程が載っていないこともあります。
決算の予定を確認するときには東証から決算発表の予定が一覧で出ているので、参考になるかもです。
http://www.tse.or.jp/listing/kessan/index.html
 

関連記事:株式投資は仮説が大事
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/18717584.html

 

人気ブログランキングへ 
 

逆張りだろうと順張りだろうと、恐怖に打ち勝って買ったポジョンが成功する

逆張りだろうと順張りだろうと、恐怖を感じる時に買ったポジョンが成功することに変わりはない。


暴落の最中、まだまだ下がるという雰囲気をビシバシ感じながら、恐る恐る入れた買い注文。

急騰の最中、自分の買い注文が上髭つけるのを覚悟の上で、ビビりながら入れた買い注文。


普通に考えて、どちらもその買い注文を出すのをためらうような時のこそが、最適な買いのポジョンになるんだなぁっと実感したこの頃。


やっぱり株式投資は面白い。



人気ブログランキングへ

バリュー株投資家にとってポジポジ病は職業病だ ~株価の上昇も下落も恐れるバリュー株投資家~

最近つくづく思うのは、バリュー株投資ってしんどい投資法だよなぁってことだ。


バリュー株投資にとって、買値はとても重要。いい企業をいかに安く仕込めるか?が勝負のカギを握っている。


なので、いい企業を見つけたその瞬間のから、それより上の株価で株を購入することは、バリュー投資家にとって敗北のように感じてしまいがち。少なくとも自分はそう感じていました。


ってことで、割安でいい企業をみつけたら買っちゃうのよね。だって調べに調べて、ようやく見つけた「割安でいい企業」。それがこの後上昇していく(と感じる)のに、何もしないで指くわえて上昇を見てるわけにはいかないっしょ。

でも買いのチャンスは値が下がった時だけ。


高値で株を買うなんてバリュー投資家としてのプライドが許さない。上髭なんてもってのほか。

そう考えると今の値段である程度仕込みたくなるのが人情ってもんでしょ。

で、そのあと仮に株価が下落し始めると、より割安になった株を買わないのは、またもったいなくなる。こんなバーゲンセールで買わないなんて損だよね。


ってことでナンピン買い。


そしてどんどんキャッシュがなくなっていき、ポジポジ病をこじらせてしまう。


こうやってバリュー株投資は、構造的にポジポジ病を発症しやすくなっているのです。
株価が上がれば上がったで、買いのチャンスがなくなるので怖いし、
下がれば下がったで、含み損を抱えてしまうので怖い。


上がっても下がっても幸せを感じることでできないバリュー投資とは、なんてつらい投資法なんだと。


とはいえ、歴史的に見てバリュー株投資は成績のいい投資法ってところをみると、
つらい投資法だからこそ、いい成績を残せるんじゃないかと思います。

とはいえ、やっぱりしんどい投資法だよね〜。


人気ブログランキングへ

ええ、順張りってどうやってやるんだ?

今日みたいな下落してる日って順張りはどうやるんだ?


今までの逆張り投資なら、そろそろ買い始めますか?って感じでワクワクしてくるんだけど、ここで買ったら今までと変わらんのよね。


だったら売るのか?
ってか既に売ってなきゃいけないのか?


あー買いたい。
うー買いたい。


順張り、よーわからん!!




人気ブログランキングへ




資金管理の方法から変えてみる

今年の計画である「新しい投資手法を実践し、今までで最高の利益を得る」ために、まずは資金管理の方法から変えることにしました。


今までの資金管理の方法は、

下落時に大きく買って、上昇に伴って徐々に売却していく

という、いわゆる逆バリの方法で管理をしていました。


自分も含めて、バリュー投資をする人にとってはこのやり方が一番しっくりくるのではないかと思います。

「なにこれ安い」ってバーゲンセールで買い物して、適切なバリュエーションになるにつれてポジョンを落としていく感覚。


でも、このやり方だと高値に伴って持株数が減っていっちゃうので、大きく儲けるチャンスを逃しちゃいがちなんですよね。

今まででもアスカネットやDDSなど、もっと大きく取れた銘柄はたくさんありました。


だから、これからはやり方を変えて、

最初は少なめに買って、株価が上がるとともに買い増ししていく

いわゆる順バリの方法にやり方を変えることにしました。

ちょっとくらい上昇する多くの銘柄での利益を犠牲にしてでも、大化けする銘柄でガツンと利益を得ようという思惑です。


この変更に伴って、キャッシュポジョンの取り方、エントリーの方法、買い増し、損切りから利益確定の方法まで、今まででとは全く異なる考え方が必要になってくると思われます。


頭と気持ちを切り替えて、目標達成にむけて精進していきたいところです。


人気ブログランキングへ

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ