ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

2016年02月

ぷらっとホームが4日連続ストップ高

持株のぷらっとホームが4日連続ストップ高!!


イェイ!!


強いっすね〜。
さすがに今日は下げるのかなぁって思っていたのですが、嬉しい誤算。このタイトルシリーズでどこまでいけるかな?


日経平均800円超下落の最中のストップ高。昨日も書きましたが、やっぱり地合いとか関係なく動きますね。


逆に地合いとか関係なく下げるので、鈍感力MAXにしてスロートレードを目指したい!!


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。

ぷらっとホームが3日連続ストップ高

木曜、金曜に引き続き、持株のぷらっとホームが3日連続ストップ高。


イェイ!!


過熱感ありまくりですね。
しばらくは乱高下しそうです。


今までの経験から、正直、こうなってくると割安だからこの株価は〜とか、材料に対してこの株価は〜とか、いろいろ理屈をつけようとしても、するだけ無駄です。


自分が得意としているフィールドである、ファンダメンタルとか、成長期待とか、カタリストとか、テーマ株とか、そういった部分以外の要素が大きく株価に影響を与えてくる状態になってます。


ここから先の値動きには、世界景気とか、日経平均とか、ダウの値動きとかとも関係性が薄いはず。


需給とか、思惑とか、チャートとか、そういった要素の影響が大きくなってくると思いますので、正直、いくらまで行くかわかんないし、別にここで終わっても不思議じゃない。


神のみぞ知るって感じですかね?



こんな浮かれ記事を書いてることが、天井フラグにならないよう祈るばかりです。


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



ぷらっとホームが2日連続ストップ高

ぷらっとホームが2日連続ストップ高!!


イェイ!!


アマゾンテクノロジーパートナー登録がきっかけとなってのストップ高。そのあと、どっかの外国のファンドが大量保有報告が出たとのことで連続ストップ高。


確かにもともと時価総額10億ちょっとの会社ですからね。


海外のファンドが買うには規模が小さすぎます。そう考えると、この後どれくらいの上昇を想定しての購入か?って期待を抱くのもしょうがないでしょう。


ええ、自分も妄想を膨らましちゃってます。


こんなこと書いてると天井フラグになりかねないのですが、まあ安いところで買えてるのでとことん付き合っていこうかなと思っています。


乱高下のジェットコースター。
望むところです。


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。

サイオステクノロジーにケン・フィッシャーの夢をみる

サイオステクノロジーが2016年の通期決算を発表しました。


個人的には超絶いい決算だと思ったのですが、株価はほとんど反応がなかったです。


なんで上がんないのかな?


相場環境が悪いためなのか?
赤字企業がちょっと黒字予想出したくらいじゃ信用されないのか?
値動きの悪いテーマ株(フィンテック関連)として敬遠されているのか?
そもそもいい決算っていう判断が勘違いなのか?


うーん、わからん。



このサイオステクノロジーの購入にあたって、改めてケン・フィッシャーのPSR株分析の本を読み直しています。





正直、サイオステクノロジーはこのPSR投資の考え方に「どストライク」のスーパー株式だと考えています。なんならケン・フィッシャーにLINEで教えてあげたいくらい。


あ、LINEはやってないか。
ワッツアップか?
facebookか?
大穴でカカオトークか?
そもそも友達じゃなかったわ。


サイオステクノロジーが、どれだけこの本に書かれていることに当てはまっているか?をざっと列挙すると。

・PSR(株価売上倍率)は0.4倍台
(0.7倍以下で買えって書いてある)
・PRR(株価研究費倍率)は5倍台
(5〜10倍が理想らしい)
・絶賛グリッチ中
(来期予想でようやく赤字を脱した)
・時価総額40億程度の小型株
・いわゆるハイテク産業
・積極的M&Aと研究開発で成長意欲満点
・売上は毎年15%を超える成長
・人工知能にフィンテックと話題性満載
・有能なエンジニア(栗原傑享氏など)が働く職場環境


どれをとってもこの本に書いてある通りだ。
もしサイオステクノロジー株がこの本に書いてあるようなスーパー株式だとしたら、3〜5年で5倍から10倍を目指せるらしい。

やっぱりケンに教えてあげたい。いや伝えるべきだと感じはじめている。名前も似てるし友達になれるんじゃないかな?ケンで始まる有名人は?とか盛り上がること間違いない。「ケンシロウ」とか言っちゃって「what’s?」とか言われながら。英語喋れないけど。


話がそれたが、自分はサイオステクノロジーでケン・フィッシャーの夢を見たいのだ。
そして、あわよくばケン・フィッシャーと友達になりたいのだ。


最後に、ご察しの通り、自分はサイオステクノロジー株をがっつり購入しております。なので、あからさまなポジショントークであることを差し引いてお読みくださいね。

当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ