めちゃくちゃ久しぶりの更新です。
2018年7月以来の更新となりました(1年8ヶ月ぶり)。


さて、コロナウイルスの影響で世界の株価が大きく下落しています。
今回のコロナウイルスの影響は既に世界経済に大きな影響を及ぼし、アメリカのGDPの大幅マイナスなどが数字となって現れてきています。リーマンショックが100年に一度と言われていましたが、今回の暴落もそれに匹敵する、もしくはそれを超える暴落となるのでしょう。


なかなか厳しい投資環境ではありますが、こういった大暴落や恐慌は、次の100年を見据えた新たな産業が芽生える時期でもあります。


投資家としてはいち早く次の時代のトレンドを捕まえることで、大きな利益を得るチャンスが訪れたと捉えるべきです。まさに投資家冥利に尽きる時代が来ると思うのです。



例えば、100年前といえば1929年にウォール街大暴落があり、その後の大恐慌の時代となりました。
こういったリセッションや恐慌の時代は大きな時代の変革が起きるときです。今までの価値観が変わり、スクラップアンドビルドで企業の新陳代謝が起こります。社会の大きな変化が促されることで、新たな産業が立ち上がるのです。

日本においても、今の日本を代表する会社はその年代(もしくはその少し前)に産まれました。

トヨタ自動車の前身である豊田自動織機は1926年
パナソニックの前身である松下電器製作所は1918年
日立製作所は1920年

大恐慌を境に、社会はそれまで製鉄を中心とする鉄道の時代から、次の電気機器・自動車の時代へと大きな変貌を遂げました。その変化を捕まえた新しい企業が大きく成長し、今日本の産業を支えています。
しかし、その時代も大きく変化しています。
インターネットをはじめとしたIT産業が世界を席巻し、AIやIOT、ロボティクスといった次世代の産業の目が育っています。

ただ、これらの流れは、一貫して省力化や自動化、生産性の向上の流れに添った形での発展のような気がするのです。


省力化や自動化、生産性の向上はあくまで手段でしかなりえません。
果たして人間はそうやって得られた可処分時間で何をするのでしょうか?


あくまで私見ですが、次の100年には、そういった「人間の生きる目的」のニーズを満たす産業が立ち上がってくるではないかと妄想しています。



次の100年、あなたはどんな時代を想像しますか?



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


参考:1920年 恐慌から読み解く次の100年〈https://m.youtube.com/watch?v=5xufB7zGPDM〉