持株のアスカネットが第三四半期の決算を発表しました。


ま、可もなく不可もなくって感じでしょうか。2Qが良くなかったので、持ち直したところは評価できます。


売上はかろうじて前年アップですが、利益は前年割れ。事業別にみるとパーソナルパブリッシングが相変わらず冴えない状態です。


事業別の四半期毎の利益推移を昨年の1Qから並べてみると、

メモリアルデザインは
160→153→213→175→
145→158→227

パーソナルパブリッシングは
118→86→185→59→
113→18→158

エアリアルイメージングは
-17→-16→-15→-24→
-19→-21→-11

と、パーソナルパブリッシングの調子の悪さをメモリアルデザインの伸びでは支えきれていない状態です。


というか、やはり今季2Qのパーソナルパブリッシングの利益の低さが際立ちますね。


この状態からよく持ち直しました。


パーソナルパブリッシングは新しい写真集ZENフラットと円安の効果で、改善が見込まれるんじゃないかなぁなんて、淡い期待を抱いています。


後はエアリアルイメージングがいつモノになるかですね。資金は豊富ですし、土地も買ったし、残りの二つの事業もそこそこ順調なんで、配当もらいながら気長にエアリアルイメージングによる革命的な変化を期待しようと思います。


よかったらクリックお願いします。
株式長期投資 ブログランキングへ