ちょっとDDSの記事書きすぎかなぁって気もするけど、やっぱり気になるもんでまた書いちゃいます。買い煽りっぽくなっちゃいそうですが、投資は自己責任で。


今回のiphone5S発表後の記事をざぁーっと見ても、指紋認証については、ホームボタンのロック解除が便利になったね的な記事が目立つ。


それに、本当に使える技術なのか?と言った過去の指紋認証の欠点についての言及や、指なくなったらどうすんだ?的な極端な事例の懸念事項などが続く。



今回の指紋認証搭載について、自分はロック解除じゃなくて、iTunesが指紋認証で使えるようになったことの方が、とっても大きなニュースだと思うんだけどなぁ。



DDSホルダーなら見たことある記事だと思うけど(下のDDSの社長のインタビュー記事)、今回のiphone5Sへの指紋認証搭載は、ホームボタンのロック解除が便利になっただけでは済まされない変化を起こすんじゃないか?


【ジョブズがやり残したこと:前編】iPhone5Sの指紋認証で生活は「ここまで」変わる
http://app-review.jp/news/141516


【ジョブズがやり残したこと:後編】アップルが生体認証DBを独占?「認証局ビジネス」の未来
http://app-review.jp/news/141779



iphone5Sに指紋認証が搭載されたとなれば、必然的に指紋認証が搭載されたスマホがかなりの数出回るということになる。


そこまで普及した認証システムが、単なるホームボタンのロック解除だけに使われて終了ってなるだろうか?


Appleが指紋認証のデータをどこまで解放するかわからないけど、その認証システムを他のアプリ(例えばfacebookやtwitterのログインとか)に応用し始めるのは、そんなに的外れな話じゃない気がする。


それが、amazonや楽天のお買い物の時にも波及したら?銀行のネットバンキングやクレジットカードにも波及したら?ってなってきた時、果たしてiphoneだけが指紋認証を搭載してるだろうか?



物事が変化する時って、どうしても今までの常識を引きずって物事を考えてしまう。今までの指紋認証が果たしていた役割の範囲内で、物事を捉えてしまう。twitterが出始めた頃にブログの簡易板と解釈されていたように。


でも、もう一歩踏み込んで、あらゆる可能性を想像(妄想?)した時、目の前に大きなチャンスが広がっていることもあるんじゃない?



twitterも最初はブログと比較されていた ~大きな変化は後でわかる~
http://blog.livedoor.jp/kenbou2012/archives/3338382.html



だからって、今下げ続けているDDSが上がるかどうかなんて全然わからない。そんな未来が本当にくるのか?来るとしてもいつか?なんてわからない。それに、その時にDDSの技術が採用されるのかもわからない。


でも、本当に指紋認証が自分達の生活を便利にする技術なら、今のDDSのポジションだと可能性がないこともないと思ってホールドしようと思っている。今のままではめっちゃ割高だし、ここからのエントリーをオススメできるもんでもないんすけどね。。


銘柄に惚れちゃダメって言われてるけど、銘柄に惚れるくらいじゃないと株式投資は面白くない。ま、株式投資に面白さを求めてるようでは、まだまだあまちゃんなのかもしれない。。。




関連エントリー
twitterも最初はブログと比較されていた ~大きな変化は後でわかる~


全ての変化は利益の元である

 

DDSを新規購入


「もっとも効率的」にはたしてどれほどの価値があるのか?


効率を追求すると本質が見えなくなる


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ