今まで投資をしてきた中で、うまく利益を上げることができた取引にはいくつか共通点があります。その一つが「自分で考えて投資をした銘柄である」っていうことです。

買った理由がよく分かっている銘柄は、株価が下げに転じたときに、自信を持って買い増しができたんですよね。

逆に、『自分で』深い分析をしないで、なんとなく買っちゃった銘柄っていうのは、逆に株価が下がった時に、不安で不安でたまらなくなっちゃいます。それこそ夜寝られなくなっちゃうくらい。そして、結局耐えきれなくなって、狼狽売りしてしまう。

「自分が売ったソコが底」っていうのは、こんな売買した時が多い気がする。

全体的に株価が上がっている今日この頃、なんとなく買っちゃうことが多いので、気をつけたいと思います。
自分で考えて投資するっていうのは、とても大切なことなんですよね。



もし参考になりましたら、クリックおねがいします。

株式長期投資 ブログランキングへ