株式投資をしていると、変化の波をうまくつかまえたときに、大きな利益を得ることができます。
変化といっても色々あって、

  • 下方修正や上方修正、新製品の発売やM&Aといった個別企業の変化
  • 失業率や住宅指数といった指数の変化
  • 金利や金融緩和といった金融政策の変化
  • トレンド転換や三角持ち合いといったテクニカル指標の変化
  • 外国人の買い増しや市場のムードといった相場環境の変化
  • TVのブラウン管から液晶の変化やインターネットの登場といった社会の変化etc....

    
例をあげればきりがないけど、いろいろな変化を受けて株価が動く。そういった変化の波をうまくつかまえたときに、利益がうまれたりします。

「長期投資と短期投資の違い」みたいのはよく議論に上りますが、結局どの変化を狙って投資してるかの違いであって、変化を利益に変えるってい視点で見れば、同じような気がするんですよね。

私はどちらかというと長期投資家なので、個別企業の変化とか、社会の変化とかに目を光らせて投資しているのですが、そういった変化をいかにとらえて、どうやって利益に結び付けていくかについて、次回以降、ちょっと考えたことを書いていきたいと思います。


もしよかったらクリックしてください。

株式長期投資 ブログランキングへ


あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。