つりっぽいタイトルですが、前回「変化の影響を考えて投資する」みたいなことを書きました。今回は実践編として具体的にどうやって投資するか?を考えてみたいと思います。

なにか新しい変化がおきたときに
新しい枠組みで考えて
実際にどうなっていくのかを予想して
それで、今の株価がめっちゃ安いと思ったら買う
しばらくたって、予想通りなら大儲け
予想と違っちゃったなーって思ったら売る


簡単に言うとこれだけなんじゃないかなって思います。
だから、

  1. 新しい変化をキャッチする
  2. 新しい枠組みで考える
  3. 実際のどうなるかを予想する
  4. その予想に照らし合わせて今の株価が安いかどうかを判断する
  5. 実際に買う
  6. 予想の結果が出るまで待つ
  7. 予想通りになった時に再度株価に照らし合わせて売る判断をする
  8. 予想と違ったときには潔く撤退する

これがちゃんとできれば、投資はうまくいくんじゃないかと思っています。上に書いた一つ一つを詳しく考えだすと、それこそ本が何冊も書けますけどね。これができないから難しいんです。

情報をキャッチできなかったり、
めちゃめちゃ楽観的な予想立てちゃったり、
実際には割高なのに安いと思ったり、
実際に買わなかったり(買う資金がなかったり)、
予想が当たるまで待ち切れなかったり、
株価に反映される前に売っちゃったり、
予想と全然違うのに損切りできなかったり、
急騰したら飛び乗っちゃって上髭でキャッチしちゃったり、
急落にビビって下髭でうっちゃったり、、、、、、、、、、、

投資は難しいです。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ