今年の目標である「負け方を知る」について、考えたことをつらつらと書いて行こうと思っています。


まずは損失におけるα(アルファ)とβ(ベータ)について。




投資信託などのパフォーマンスを考える際に、α(アルファ)とβ(ベータ)という単語を使う場合があります。


アルファとは、市場全体の動きに起因するものではない、アクティブな投資における運用者の力量によるリターン。


ベータとは、市場指数に連動するリターン。インデックス投資とかはこのベータのリターンを狙う投資法です。



ここで言うリターンには、プラスのリターンだけではなく、マイナスのリターンがあることを考えると、負け方にもアルファとベータがあることになります。



勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし


これは野球の野村監督がよく使ったフレーズです。


自分にとってアルファ(アクティブ)な負けのパターンを知ることで、そこでの損失をなるべく抑えつつ、ベータ(パッシブ)な負けについての対処の方針を立てること。


今年はこれを目標にしています。


2014年1月4日の記事「2014年の目標」
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/35415428.html



よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ