先月末あたりから、相場環境はとても良くなってきました。

この1ヶ月でマザーズ指数は4割を超える上昇。東証やジャスダックも上昇しています。


この上昇をみて、以前の記事に書いた業績相場がきているなぁっと感じています。じゃぶじゃぶマネーでなんでも上がった去年の金融相場と違って、上がる株と上がらない株が分かれている印象です。(サイバーダインやミクシィが上がるのが業績相場か?って言われると何とも言えないのですが)


以前の記事
ここ最近の相場観 〜今は業績相場前の中間反落だと思っています〜(2016年3月20日)
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/37066088.html


持株をみても、ステンレス卸のUEXや半導体製造装置のテセックっが上がっているので、そこそこヨミは当たっている気がするんですよね。


で、これから本当に業績相場になるとしたら、大切なのは銘柄選別。業績相場って名前だけあって、決算数字が株価に反映される相場です。


ってことはファンダメンタル投資を自称している投資家にとっては(自分もそうですが)、最も腕の見せ所の相場になるわけですよ。この相場で取れないで何がファンダメンタルですか?って。


いつ儲けるの?
今でしょ


的な。
古いけど。


ってことでこれから先、TOPIXや日経平均に負けるようでは投資家失格、株なんてやめちまえって位の覚悟で相場に臨みたいと思います。


差し当たっての戦略として、業績相場と言えば景気循環株なんで、期間限定で景気敏感銘柄で勝負していきたい。


自分の基本の型は残しつつ、相場環境にも柔軟に対応した投資戦略を立てて行きたいなぁって考えている今日この頃です。



人気ブログランキングへ


当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。