相場が好調なので、今年2度目の出金をしました。これで住宅購入分の資金を確保することができました。


証券口座から出金したときの開放感というか達成感はとっても大きく、すでに病みつきです。


自分が保有している銘柄が突然急騰したときの高揚感も株式投資する際の醍醐味の一つですが、それにも増して、大きな金額を出金したときの達成感は何事にも変えられないものとなっています。


投資資金が証券口座にあるときは、いつ減るかもわからない机上の数字にしか思えないのですが、いざ出金するとそれが現実のものとして浮かび上がってくるんですよ。


自分にとっては例えばそれが不動産投資の物件になったり、自宅になったり、旅行資金になったり、自己投資資金になったりするのですが、出金の段階までいって初めて実感が伴うんですよね。


あーこれだけの金額を自分が自由に使えるんだなぁって実感します。


もちろん、その金額をそのまま証券口座に残して、より高いリターンを狙ったり、それで早期リタイアを実行したりっていうのも一つの考え方だろうなぁって思います。


でも、自分にとっては株式投資で大きな金額をかけて勝負し続けるのは結構しんどいんですよね。それよか、ある程度で株式投資の利益を確定させて、資産バランス(不動産や外貨とか。自分の労働力もその一つです)を取りながら、資産全体を大きくさせることの方が、気が楽だなぁっていう感覚を持っています。


信用でレバレッジかけてガンガン稼ぐ人に比べると、まどろっこしいやり方なんでしょうけどね。


よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ