はい、ひよりました。

今回の下落で株式市場で戦う気持ちをどこかに置いてきちゃいました。


少し前のMicrochip Technology(マイクロチップ・テクノロジー)と昨日のIBMの決算、そして今日の中国のGDP発表を受けて、「くる、きっとくる」と言われていた中国発の景気減速が、いよいよ現実のものになるんじゃね?ってな気持ちになりまして、持株を大幅に売り越して、かなりの額を減資しちゃいました。


マイクロチップテクノロジーのガイダンスからは、9月の中国からの受注が散々だったってことで、半年先を織り込む株式市場としては、実は今回の下落はそれを織り込みに行ってるんじゃないかと悲観的な分析してみました。エボラショックとか単なる見せかけなんじゃないかと。


ってなんやかんや理由つけてますが、本当のところは、ここ最近の下落でリスク取りすぎてることを実感しちゃったんすよね。


ってことでレッグス、ブロードメディア、アルメディオを売り切り、その他の持株も結構枚数減らしちゃいました。アルメディオとか、今日の日経新聞記事にあった日立の石英保存媒体とか出てきちゃったら、アーカイブ事業はどうなんねん?ってことで切っちゃいました。


ここから先、仮に上げていくならばインバースとかVIXも購入しようかと考えているくらいです(さすがにそこまではやり過ぎな気もするので、本当に買うかどうかはその時になってみないとわかりません)。


ってかここ2週間くらいの調整ってまだ甘い気がするんすよね。完全にフィーリングで、根拠も何もないですが。二番底とかつけにいくんじゃないかと、滅多に当たらないテクニカル分析しちゃうくらい、日和ってます。


自分が本当に株式投資の実力があるなら、減資後の資産からまた大きく増やすことができるでしょう。ダメならそこまでだったってことっす。


減資によりさらに気分も楽になったのでボチボチやっていこうと思います。


当然ですが投資は自己責任でお願いしますね。



人気ブログランキングへ