勝手に始めた財務分析シリーズ。


今回は、現在絶賛急騰中のアサカ理研(5274)と大泉製作所(6618)を使って、「ひょっとすると財務分析でこの大化け株がつかめたかもしれない」って形で書いてみたいと思います。「財務分析で未来を予想しよう」っていうコンセプトです。


なんやかんやいって、定性分析って「未来」を予想することなので、結構楽しいんすよ。この製品は売れそうだなっとか、今この市場は伸びてるなっとか。楽しいっすよね。
だけど、財務分析って数字で色々ごちゃごちゃやってるくせに、結局わかるのは「過去と今」になっちゃいがちなんですよね。だから、なんかつまらなく思えちゃうって人が多いんじゃないかなって思います(昔の自分もそうでした)。単に数字が嫌いって人もいるだろうけど。


それもそのはずで、財務分析で使う有価証券報告書や決算短信にはほとんど企業の「過去と今」しか書かれていません。だから、財務分析で「未来」を予想するには少しコツがいります。そのコツの部分について少し触れてみたいと思います。



前置きが長くなりました。
まずは、財務についておなじみの図から始めたいと思います。
上にBS(貸借対照表)、下にPL(損益計算書)の図です。

BSとPL













今回はここの③の部分。資産と費用が売上を産むってところに注目したいと思います。

企業は売上を産むために色々と投資をします。研究開発とか設備投資とか人を増やすとか広告宣伝をするとか。で、その結果売上が立つ。

BSとPLその3













財務上の資産や費用っていうのは、売上を上げるための武器みたいなもんだと自分は思っています。

RPGでラスボスを倒すには高価な武器(エクスカリバー)が必要なように、大きな売り上げを上げるためには優れた武器が必要です。


ってことは、どれくらい投資費用にお金を使ったか?で、どれくらいの売上を狙っているのか?が少し読めるんじゃないか?つまり、投資費用は売上の先行指標になりうるんじゃないか?ってことが推測できます。



それをふまえて、アサカ理研。
先日レアアースの新しい抽出法の開発で急騰しました。結局20倍くらいになったのかな?
この会社の研究開発費(貴金属事業)と設備投資費をみると。去年、急に貴金属事業の研究開発費ががくんと減りました(四季報にも書いてあります)。そして設備投資費ががくんと増えてます。


アサカ理研













これ、今だから想像できることですが、たぶん、去年の段階で今回急騰する元ネタとなった研究開発は終わってたんですよ。だから今年は研究開発費が少なくなった。その代わり今回の研究成果によって、この後に来るであろう大口受注に備えて設備投資を実施した。だから、設備投資費が急増した。で、設備投資もある程度めどが立ったので、その成果をリリースした。って流れなんじゃないですかね?

もし仮に、これが読めれば20倍ゲットですよ。ま、難しいけど。





次に、大泉製作所。ここはBOSCHとの提携を機に大化けした株です。
大泉製作所のここ3年間の営業利益と設備投資費を追いかけると、バリバリ赤字にも関わらず、積極果敢にタイ工場の建設計画を立ち上げて投資してます(まだ建設中なので建設仮勘定の黄緑のグラフを見てください)。

大泉製作所












普通しないっしょ。赤字だったらリストラして規模縮小って考えてもおかしくない。
でも、ガンガン設備投資をした。

経営者も馬鹿じゃないんで、見込のない設備投資はしないと思うんですよね。ってことはタイ工場計画の段階で今回の急騰の原因となったBOSCHとの提携話が出てたんじゃないか?って想像しちゃうんです。ひょっとすると水面下で交渉していたかもしれない。完全に想像の域を出ないっすけどね。
そんな推測がもしできれば大化けGET。
ま、これも今だからわかる話ですが。



ただ、設備投資額を見ればいいってもんでもないのですが、急に研究開発費が減って、設備投資額が増えたりしたのを発見した時に、「あれ、この会社なんかしようとしているな?」って感じ取れるか?が大切ではないでしょうか?そして、それから何が起こるのかを丹念に調べてみたりする。そういったきっかけを財務分析でつかめるかもしれません。


今回は財務分析で未来を予想するってコンセプトで記事を書いてみました。
もちろん今回あげたアサカ理研も大泉製作所も、後出しじゃんけんなんでこんなことが言えるんですが、財務分析をするときにこんなところに注目すると、ひょっとすると大化け株がつかめるかもしれませんね。ってか自分はつかんでみたいっす。


当たり前ですが投資は自己責任でお願いします。


人気ブログランキングへ