逆張りだろうと順張りだろうと、恐怖を感じる時に買ったポジョンが成功することに変わりはない。


暴落の最中、まだまだ下がるという雰囲気をビシバシ感じながら、恐る恐る入れた買い注文。

急騰の最中、自分の買い注文が上髭つけるのを覚悟の上で、ビビりながら入れた買い注文。


普通に考えて、どちらもその買い注文を出すのをためらうような時のこそが、最適な買いのポジョンになるんだなぁっと実感したこの頃。


やっぱり株式投資は面白い。



人気ブログランキングへ