投資企業や監視銘柄からIRが出た時に、自分でその影響を考えることなく、次の日の株価を見てその影響を確認することってありませんか?


私も気を抜くとそうしてしまいがちなんですが、もし自分をファンダメンタル投資家と考えているなら、できる限り自分でそのIRの影響を試算してみたほうがいい。そして可能なら実際に投資してみる(指値を入れる)べきだと思います。


私はサラリーマンで寄りの気配を見れないのもあって、そうやって投資するとかなりの頻度でとんでもない指値をいれることになります。めちゃめちゃ高い指値で寄り天の上髭を作ったり、逆に下髭の一番下だったり。その時は結構落ち込んだりするんですが、これもいい経験だと思っています。


翌日の寄りの株価見ながら投資したほうが効率はいいかもしれません。だけど、そんな投資法が癖になっちゃうと、たぶんずっと株価見ながら投資しちゃうんじゃないかなって思うんですよね。そうやって受け身の考え方が癖になっちゃうと、ここ一番のチャンスを逃しちゃうんじゃないかな?


実際に自分の身を削った経験をたくさん積むことで、市場にゆがみができた時に自信を持って投資することができると思います。



昨日の記事のように、超小型株ではIRがすぐには株価に反映しないことがあります。



その時にあれ?って感じる能力
そして実際に投資をする行動力




この二つの能力は、何度も何度も失敗して、たまに大きく成功した経験があるからこそ、身につけることができるんだと思います。


よかったらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。