ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

テセック

テセックを全株売却

昨日の下方修正を受けて一晩考えた結果、今日でテセックを全株売却しました。

700円前後での売却です。
決算前に急騰していたので、ほぼその急騰前に戻ったくらいの水準で売却できました。相場環境がいい時は、下方修正ひいてもそこそこの水準で許してもらえるんだなぁっと感じております。


売却についてはずいぶん悩みました。
1年ちょっと持っていたので、やっぱり思い入れもありますしね。


受注は伸びていたので、これから復活する可能性も充分あります。それに、新製品のMEMSハンドラもこれからの時期なので、まだ売るには後ろ髪ひかれまくり。


ただ、言うても半導体製造装置って景気敏感株の先頭を走っているような銘柄なので、リスク管理は徹底しないといけないと考えて売却しちゃいました。むしろ前の四半期で受注が悪い段階で売っても良かったくらい。

景気敏感株の先頭を走っているような銘柄は、自分達が景気の後退を実感するよりはるか前に株価が動くので、少しでも懸念材料がある時にはサッサと手仕舞う心構えが必要なんじゃないかと。


ってことで、まだこれから上昇する可能性も大いにあると思いながらも、下落のリスクもそれなりに高いと考えて、全株売却しちゃいました。別にここにこだわらなくても良さそうな銘柄はたくさんありますし。


全体的に株価が好調な1年間保有していましたが、思っていたほどの成果は上げられませんでした。
銘柄チョイスの腕が良くなかったっていうのもあるかもしれませんが(同じ業界の日本マイクロニクスとか選択しているとまた違ってたんでしょうが)、やっぱり景気敏感株の投資は難しいですね。


これでまたキャッシュも増えたので良さそうな銘柄があれば少し買っていこうかと思います。


当たり前ですが、投資は自己責任でお願いしますね。


人気ブログランキングへ


テセックが下方修正

持株の一つ、テセックか下方修正となりました。


あ〜〜あ。


前四半期の受注状況が良くなかったのを挽回することはできませんでしたね。やはり受注状況には厳しく対応しないといけないなと感じた次第です。


そう言った意味では今四半期の受注は少し回復傾向にはあります。コメントからは新製品(MEMSかな?)の評価の長期化とも書かれているので、これから良くなるようにも見えなくもないけど、景気敏感株だからなぁ。


どうするか一晩考えますか。



人気ブログランキングへ

テセック(6337)はあんまり下げませんでしたね。

昨日、下方修正を出したテセック(6337)ですが、予想通りほとんど下げませんでした。


564円→555円
(-9円、-1.6%、出来高2,600株)


売上18%減に、時価総額の20%以上の7億を超える減損損失を出したのに、たったの1.6%安。スルーし過ぎだろ。


出来高も全然ないし、やはり今期期待で買ってる人はあんまりいないのかな?それか、板が薄くて売るに売れなかった人とかいるのかな?それだと、これからまだ下げますね。


一応下で指していたけど、全然かすりもしませんでした。こんなところで予想を当ててもしょうがないんですけどね。


株価は既に来期を見越した値動きになると思うので、これからどんなニュースが出てくるかが勝負です。


投資は自己責任でお願いします。



人気ブログランキングへ

テセック(6337)下方修正!!

持株で半導体製造装置を手がけるテセック(6337)が下方修正を発表。


固定資産の減損損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ
http://www.tesec.co.jp/6337_20140325.pdf


既に半導体製造装置大手のアドバンテストが、大手半導体メーカーの設備投資遅れによる下方修正出していたので、今季の業績はあんまり期待してなかったんですけどね。


売上18%減と結構な下方修正。今日の日経新聞で「半導体製造装置の後工程関連に投資妙味あり」みたいな記事が出たばっかりだったのに、その直後の下方修正。ま、今日の出来高700株(7単位)なんで、日経記事を華麗にスルーするテセック株主。


それより、減損損失出してきたところがいいですね。7億19百万の減損損失。時価総額32億ちょっとなんで、大幅減損損失です。どうせ今季赤字なら皿まで喰らわないとね。来季に向けての布石でしょ。


この会社は半導体関連には珍しく財務は万全なんで、これくらいの減損損失はポジティブな材料。債務超過とは縁遠い会社です。あとはどれくらい繰延税金資産が計上されるか?できるだけ今季で処理して欲しいなぁ。


これで来季はリストラによる人件費の削減と減損損失による減価償却の削減で、売上原価or販管費の大幅削減が見込まれます。


その上、MEMSハンドラの売上が凄いことになったりしたら、、、、妄想は膨らむばかり。


明日は下げるのかなぁ?地合いによるかもしんないけど、あんまり下げる気がしない。大きく下げたら買いたいけど、誰も今季の業績に期待して買ってる人いないでしょ。


日経記事も下方修正も華麗にスルーして、これぞ、業績回復株って値動きに期待です。
(って言っときながらストップ安だったりして、、ガクブル)


尚、このブログの情報で損しても責任はとれません。投資は自己責任でお願いします。




人気ブログランキングへ


半導体製造装置シフトを組む

アテクトの半導体事業の好調さをヒントとして、今まで真冬の時代だった半導体関連に薄日が差し込んできたのではないかと思いはじめています。


なので、半導体製造装置の小型株をポートフォリオに幾つか組み込んで、半導体製造装置シフトを組みはじめました。まだ途中なので銘柄は内緒。



業界全体が落ち込んでいた(る?)ので、業績や財務が悪い銘柄も多く分散してリスク管理も必要だと感じています。分散したところで業界全体がさらに落ち込んだら意味ないですけどね。



PC需要の落ち込みはまだまだ続きそうですが、タブレットやスマホはもちろん、パワー半導などの車載関連や、医療関係など、新たな半導体需要があるのではないかと勘ぐってます。全くの専門外なので、ネットやニュースで雰囲気をつかんでいるだけですけど。



半導体関連なんて景気循環株の代表みたいなセクターということで、この一連の投資はうまくいくかどうか?シクリカル銘柄の投資は全然慣れてないので、この本「有望株の選び方 (日経文庫)」を読んで勉強しながら投資している状態です。


景気循環株への投資方法について書かれた本って中々ないのですが、この本はとてもわかりやすく景気循環株の投資法について書いてあると思います。


とは言っても、この本に書いてあるような、商品の価格を定期的に確認するのはちょっと面倒だなぁなんて、ズボラな自分が顔出したりして。自分に合う投資方なのか、若干の不安もあったりします。新しいこと始める時はちょっとストレスあったりするもんですけどね。



DRAM価格は韓国の工場火災の後、堅調に推移していましたが、ここ最近は下がり気味。これからが正念場でしょうか?


そしてこの頃、半導体製造装置の会社で幾つか大型受注IRがみられるようになってきました。大型合併で業界地図が変わり始めてもいますし、全体が盛り上がってくるといいなぁって思っています。



当ブログの情報で損失が発生したとしても、当方は一切責任を追いません。また、気をつけてはいますが、情報が正確でない場合もあります。投資は120%自己責任でお願いします。



よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ