先日発売された四季報から、1銘柄購入しました。
ランシステム(3326)です。


名前だけ聞くとIT業界のような会社ですが、違います。ご存知の方も多いと思いますが、自由空間というネットカフェを運営している会社です。


この会社、「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け」に出てくるような、つまらない名前のつまらない業種の、誰も見向きもしないような銘柄です。(株主優待のために、5月には注目されますけどね)

実際、Yahoo掲示板の投稿は月に1~2回ですし、流動性はとても低いです。

ネットカフェのような業態に今から新規参入があるようには思えません。店舗数も今は180店舗ですが、5年後に300店舗を目指すと店舗拡大の余力もまだあります。ランシステムっていう何やってんだかよくわからない名前もいけてます。



時価総額10億で、PER5倍・PBR0.7倍(配当なし)と割安。財務状態は昔いろいろやったツケがあって、有利子負債も多いし、自己資本比率も低くて、あまりよくないですけどね。色々やった末に、自由空間にたどりついたと思えば、それもいいでしょう。



実は、こういったネットカフェの全国展開による成長以外に、+αで「システム販売」っていう隠し玉(勝手にそう思ってます)があります。先日、カラオケのまねきねこ本舗にシステム導入のプレスリリースが出ています。


このプレスリリースをみた時に、「800万円→100万円→1億円達成の株式投資術」の管理者えす氏が書かれた、書籍「サラリーマンが株で一億円を稼ぐ!! 」に出てくる「クインランド(2732)(現在は民事再生申請をして自己破産)」を、思い出しました。そして、これはいけるんじゃないか?っと思ったのです。


クインランドは中古車販売行でガリバーのフランチャイズ事業で有名な企業でした。でも自社でつかていたシステム販売も手掛けていて、そちらでかなりの利益を出して、それにいち早く気づいたえすさんが、投資して、大きく利益を上げたって話だったと思います。


ってかこのランシステム(3326)もそのまんまじゃね?


ま、めちゃくちゃ流動性が低いので、買うのに相当苦労しますけどね。



参考になりましたらクリックお願いします。

株式長期投資 ブログランキングへ

あくまで、個人的な分析の結果を載せているだけですので、これらの情報に基づいて投資判断をして、結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては、自己責任でおねがいします。