ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

ビットコイン

仮想通貨、急落

つい数日前に「仮想通貨で陽気に踊れ」なんて、浮かれた記事を書いてからの、この仮想通貨の急落。。。。。。


調子に乗ってすいませんでした。


がっつりやられました。
前回の記事を書いたときが、12月にあった急落からの戻りのピークでした。


そうっす。天井付近でやる気出しちゃったのは自分っす。陽気に踊れたのはほんの数日でして。そのあと、ショボーンでした。


ショボーンついでに損切りして、顔洗って出直してきます。



ほんと、調子に乗ってすいませんでした。



投資は自己責任でお願いします。


仮想通貨で陽気に踊れ

今年の目標として「リスクを取っていく」と決めた。


2018年の目標


で、改めて「今の状況で1番リスクのある資産カテゴリはなんやろか?」っ考えてみた。で、出てきた結論が「やっぱり今は仮想通貨だよね」だった。


なんせその勢い、はんぱない。皆さんご存知の、あのビットコインの上昇っぷり。ビットコイン持ってたら持ってたで「あー、モナコインやったかぁ」とか考えちゃう感じ。リップルなんて、今までの通貨とそんなに変わらない中央集権型の通貨だけど、仮想通貨に位置づけされて急上昇しちゃってる。今日もイーサリアムが15%以上上がってる。



今、絶賛仮想通貨バブル中じゃね?
OK〜バブリ〜ケツカッチン。


だとすれば、下手なこだわりは儲かるチャンスを逃すだけ。「今からじゃ遅いよね〜」とか、「リップルは仕組みが〜」とか、屁理屈こね回してる場合じゃない。先ずは動くことが大切。



見る阿呆に、踊る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損損


バブルなら 踊ってみよう ホトトギス



まさしくダンシングヒーロー。
大阪府立登美丘高校ダンス部だよね。



この後くるかもしれない暴落がなんぼのもんじゃい。踊り狂ってみせるぜ。



くれぐれも、投資は自己責任で。
(だいたいこんな浮かれ記事書いている時が天井です。そこんとこ踏まえて、各自で投資判断をお願いします。)

ビットコインでセミリタイア準備中

気がつけば、ビットコインが100万円を超えてました。今は130万円前後かな。


今年1月の記事では「1BTCが50万円とかになんねーかな」とか冗談で書いていたのに、まさかの年内100万円オーバー。


自分の場合、5万円前後が買値なので、20倍を既に達成し、これからどれだけ上がっていくねん?って勢いです。(ちなみに、毎月のパフォーマンスには反映していません)


この大きな値上がりを受けてなのか、ビットコインを含めた仮想通貨に関する税金について、国税庁から通知が出されました。


仮想通貨(ビットコインなど)のキャピタルゲイン(値上益)は雑所得扱いだそうで、、、1番なって欲しくない所得区分になっちゃいましたよ。


正直、いつも早売りで大物を逃しがちな自分が、こんなにも売らずにホールドできていたのは、譲渡所得になる可能性を高く見積もっていたからでして。。。
「もし譲渡所得なら、5年持ってりゃ税金が安くなんべ」なんて勝手に算段していたのです。でも、そんな取らぬ狸のなんとやらは、非情な国税庁の通知とともに泡と消えてしまいました。


さて、決まったことはしょうがないので、雑所得扱いでどうやってこのビットコインを売却していくか?その出口戦略を考えることが大切。この点、分離課税で一律約20%、損失の繰越しが3年間認められている株式投資とは大きく違います。


いくつかのブログなどにも書かれていますが、下手な売買をすると、せっかく利益が出ているのに、税引後のトータルはマイナスなんてこともあり得ます。



とりあえず頻繁な売買や、他の仮想通貨に乗り換えるのは、かなりリスクが高い行為と認識。

売ったり、他の通貨変える度に税金がかかってくるし、安易に他の通貨に乗り換えて、年を越して値下がりなんかしたら、目も当てられない。


なんせ損失は繰り越せないし、所得税は給料と合算での累進課税で、900万円を超えた所得はがっつり税金で(住民税込で43%以上)持っていかれる。


そう考えると、あんまり税金を払わずに売却していくには、毎年700万円くらい(900万円を上限)のビットコインを売却していくのがいいんじゃないかなって結論に行き着きました(今以上の価格が維持できる前提ですが)。


ってことは、その年はそれ以上働いて所得を得る意味ないよね。少なくとも金銭的理由では。高額給与所得者には増税も控えてるし。


そんな理由で、ここ最近セミリタイアを真剣に考え始めたところです。


まずは嫁ちゃんと相談だな。
っか税理士さんとかに相談したらいい方法教えてくれたりすんのかな?


投資は自己責任で。もし、会社設立とかするこで、節税とかのなんかいい方法を知ってる方がえれば教えてくださいね〜。

ビットコインキャッシュ(BCC、BCH)を売却

ビットコイン、分裂しましたね。

自分のBTCboxの口座にも、ビットコインと同じ数量のビットコインキャッシュ(BCC)が付与されていました。

で、早速、そのBCCを売却しました。

この分裂騒ぎで、ビットコインが暴落するとか、預けているビットコインがなくなるとか、いろいろな噂が飛び交っていましたが、いざその時を迎えてみると、今の所ビットコインの価格に大きな変動はなく、ビットコインキャッシュが増えただけの形になりました。


しかも、ビットコインキャッシュにもそれなりの価格がついており、なにもしなくてもお金が振り込まれたような状態になっています。


有限であることが1つの特徴であったはずのビットコインが、分裂(フォーク)するだけで、新たに価値を生み出してしまったという、なんとも矛盾した現象が面白いですね。



ただ、経済にフリーランチはないはずなので、ここで産まれた「ひずみ」は、なんらかの形で現れてくるんでしょうね。



なんてことを思ったので、とりあえず付与されたビットコインキャッシュの大部分を売却しちゃいました。


これ、税金とかどうなるんやろか?


もらったものだから取得単価は"0"なんやろか?それとも分裂価格分、ビットコインを減価するんやろか?よーわからんね。


まだまだ先行きはわかりませんが、仮想通貨に触れることは、色々と楽しませてくれて面白いですね。

ビットコインが急落。そもそもビットコインとは何か?

ビットコインが急落。


ぎゃー。


去年の10月ごろ、5万円代からじりじりと値を上げて、ここ最近の急騰では15万円代をつけたビットコインが、絶賛急落中です。


ビットコイン自体は、通貨発行母体の信任を、ブロックチェーンというシステムで回避した、新しい概念の通貨です。


この「国家の信任を必要としない」ところがビットコインの肝であり、投資のカテゴリーとしては、金のような「もしもの時」の為のリスク分散に適した投資先です。金利つかないし。


金より優れているところは、重さがないことで、それこそ瞬時に世界各地に資産を移動させることができます。


その分デメリットも多く、

・瞬時に誰かに奪われる
・他の何かに切り替わる

という、この2つの可能性だけでも充分破壊力のあるデメリットがあります。


今回のように「値動きが激しい」ってのも1つのデメリットですが、まあ、上の2つに比べれば、そんなに大したことはないです。


今回の急落は、恐らく中国人民元の短期金利の上昇が大きなトリガーになったのでしょう。アメリカの金利上昇も少しは影響があるのな?知らんけど。


ビットコインは新しい概念であり、年月の信任を得ていない社会実験です。「全ての通貨がビットコインに置き換わるかも」なんて夢もみれます。宝くじより夢あるよね。


上手くいけば10倍、100倍それ以上、下手すれば0になるくらいのハイリスク資産として。とはいえ金のようなリスク回避の資産として。

資産運用の中で面白い位置づけの商品だと思っています。


あーあ。
1BTCが50万円とかになんねーかな。


投資は自己責任で。

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ