ケン坊の資産運用日記

サラリーマンが小型株の中長期投資(3か月~数年)で資産形成を目指す。目指せ!!お金に縛られない自由な人生!!

銘柄分析

持株の今回の決算の見所

久しぶりに毎月のパフォーマンス報告以外に更新。

持株の決算も近いので、決算発表時に機敏に動けるよう、今回の決算の財務的見所を銘柄毎にまとめておきたいと思います。


では、さっそく行ってみよ〜。


サイオステクノロジー(3774) 10月29日

この株を購入した1番の魅力はその売上の伸びが凄いところ。3年程で2倍近くになっているのが凄い。先行投資で大赤字の予想を立てているけど、そのおかげでPSR1倍以下と、この業種と売上の伸びからしてはお買い得な株価となっています。果たして、ケン・フィッシャーで言うところのスーパー株式になれるのでしょうか?

このまま売上が伸びてくれば、利益も付いてくるはず。っと妄想中。

なので、PL(損益計算書)では売上の伸びに注目です。M&Aもしてるし、売上数字は伸びてくるでしょう。
BS(貸借対照表)では、無形固形資産が増えてくるのかどうか?って所も見てみたい。新しいサイオスIQも発売となったので、無形固定資産が計上されてくるようだと、いよいよ利益が乗ってくるんじゃないかな?って思っています。あんまり利益をつけない会社なんで、期待はしてないっす。


アテクト(4241) 11月10日

PIM事業がどうなるか?が、この会社を買っている大きな理由。なのでPIM事業の売上に注目。利益率も高い事業なので、ここが伸びてくると、いよいよ株価もテイクオフって勝手な妄想。
あとBSでは、今は投資期の会社なので、有形固形資産や、建設仮勘定の増加具合も見てみたい。ここにどれだけ金かけてるかによって、今後のPIM事業の伸びをどれだけこの会社が想定しているか?が推測できるかなぁって考えています。


ぷらっとホーム(6836) 11月6日

IoT分野の成長で大きく化ける可能性を残している会社だと思って購入しています。
なので、直接的にはマイクロサーバーの売上の伸びに注目しています。
それと、BSだと、棚卸資産が大きく増えているようなら、結構熱い決算だと個人的には考えています。
この会社は有形固定資産とかを持たない、ファブレスな経営をしているので、棚卸資産が増えてくるとなると、いよいよぷらっとホームのマイクロサーバーが、本当にIoTのプラットホームになっちゃうのか?なんて期待が多いに膨らみます。




アルメディオ(7859) 11月6日

アルメディオの今回の決算は心配な要素の方が多い。前期に断熱材事業で赤字を出しているので、中国経済の減速が噂されている中、その赤字が果たして解消されるのか?とても気がかりです。ストレージ事業についても、前期が好調過ぎただけに、その反動が気になるところ。

こんなん書いてると果たして決算またぎが大丈夫か?なんて心配になってきちゃいます。恐らく株価もその心配を受けて、前回の決算以降下げて続けていると思うんですよね。
その心配を払拭できるか?が大きなポイントです。


っとまあ、ざっと持株の決算の見所についてまとめてみました、果たして今回の決算はいい決算となるでしょうか?
期待に胸が膨らみます。


当たり前ですが、投資は自己責任でお願いします。




急騰(一時ストップ高)したアルメディオ(7859)を強気で買い増し

昨日の好調な決算を受けて、持株のアルメディオが大幅高(一時ストップ高)。


イェイ!!


去年までの自分だと、ここから少しづつ売却して、持株を減らしながら利益を確定させていました。

しかし、なんせ今年は順張りトレーダーを目指しているので、今日は強気の買い増し、追撃買い。


今日は注文する手が震えました。いつもは売るタイミングで反対の買い注文出したんで。


こんな高値で買っていいのか?
上髭つかんじゃうんじゃないのか?
なんてビビりながらの注文でした。

恐怖を伴う購入はプラスになるケースが多いはず。今日の買い増しが吉と出るか凶と出るか?



その代わり現金確保のためリアルビジョンは売却。リスク高い銘柄なので早めに降りとこうかと。


今までと違うパターンの取引で一体どうなるでしょうか?
明日以降ワクワクしますね。


当たり前ですが投資は自己責任で。


参考記事:
資金管理の方法から変えてみる
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/42312168.html


逆張りだろうと順張りだろうと、恐怖に打ち勝って買ったポジョンが成功する
http://kenbou-invest.blog.jp/archives/423192430.html




人気ブログランキングへ

アルメディオ(7859)の3Q決算は絶好調

本日、持株の一つアルメディオが3Q決算を出しました。

アルメディオの3Q決算
http://www.almedio.co.jp/pdf/TOPIC54d073a28e5f9.pdf

 
結果は絶好調。
売上は前期比+98.4%のほぼ倍増。 営業、経常利益ともに黒転。
純利益は割増退職金による特損のため赤字が続いていますが、既に通期予想利益オーバー。


業績の回復が顕著です。


この業績回復を引っ張っているのは、何より新規事業のアーカイブ事業。
四半期ごとの部門別売上と利益をグラフに表すと、その様子がよくわかります。

アルメディオの3Q利益


 

















4億円で手に入れた事業が、四半期で7千万の利益とか、どんだけお得なM&Aなんだと。
アーカイブ事業は、市場の成長も期待ができるのでこれからが楽しみです。

それに、M&Aだけじゃなく、リストラなどの経営努力によって販管費率も継続的な削減に成功しています。
リストラ&売上の増加で一時期は40%を超えていた販管費率が3Qでは25.8%と大幅削減。
グラフからはこの1年の削減の著しさが確認できると思います。

アルメディオの販管費率(3Q)















2Qで業績回復の兆しが見えていたのですが、3Qでもその好調さが確認できました。
このままの好調さを維持できれば、市場からの信頼も回復していくとこでしょう。


テセック、サイオステクノロジーと連敗が続いていましたが、ようやく一ついい決算を迎えることができました。
このままいくと全株売却しなきゃいけないのか?なんて思っていたので一安心です。
明日からの値動きが楽しみです。



人気ブログランキングへ

 

サイオステクノロジー(3744)を全株売却

今日、サイオステクノロジーを全株売却しました。

結構長い間お付き合いしてきたけど、さすがにあの決算では信じられなかったっす。

1年で回復って決算説明書には書いてあるけど、ほんとに1年で済むの?
新しい技術を応援したいけど、大赤字で、しかも無配に転落じゃやっぱり持ってられないっす。


テセックにサイオステクノロジーと今回の決算は負け続き。センスないなぁ、俺。


損切りで、意図せずキャッシュが積み上がってきました。本当は利益出しながら積み上げたいんですけどね。


決算が悪いのは景気減速の前兆なのか?
そもそも自分の銘柄選択がイケてないのか?


どちらにせよ、むやみに勝負する流れじゃなさそうなので、ここはおとなしくキャッシュ抱えてじっとしてます。


いい流れが来るのはいつのことやら。
(ブログは続ける予定ですが、サイオステクノロジーの分析記事はお蔵入りです。)



人気ブログランキングへ

リアルビジョン(6786)を購入

テセックを全株売却してできたキャッシュで、リアルビジョンを購入しました。


幸先よくストップ高になっており、タイミングが良すぎて、胡散臭く思われそう。


胡散臭いといえば、この銘柄も充分な胡散臭さを漂わせている銘柄です。


弁護士事務所へのコンサルタントで利益を上げているDSCの買収から始まり、fancyやbeats by dre のヘッドフォンの日本でのプロモーション活動を行っているK2Dの買収。今までの本業を子会社に売却して、約款の改定で様々な業種を追加して、ホールディングス化して会社の名前をRVHにするなど、活発な企業活動(!?)を行っています。

エナリスで名をはせた東京アウトローズにも取り上げられるなど、きな臭い雰囲気をバンバン出しております。


ただ、大きく上昇する銘柄の中には、この手の怪しさを持っているケースも結構あって、ここ数年で大きく値を上げたDDSや日本通信なんてのは、上昇する前は怪しさ満点の会社でした。
少し前だとUBICなんかも個人的にはそう感じていたし、ライブドアなんて正にそんな印象でしたね。


だからと言ってリアルビジョンがそんな銘柄になるかどうかはわかりませんけど。


ただ、ビーツのヘッドフォンは本当に売れているみたいだし(それがリアルビジョンの利益にどこまで貢献するかわかりませんが)、DSCの本業の利益と負ののれんなんかで今季の利益もちゃんと出るでしょうから、話題性は充分あります。


株数の上限を上げたりして増資する気満々なのはかなり気になりますが、十分に株価が上がった後の増資は「虚が実を産む」感じで好きなので、お手並み拝見って感じですかね。


ま、これが吉と出るか凶と出るかは神のみぞ知るってことで、しばらくはワクワクしたいと思います。



本当にどうなるかわからない銘柄なんで注意してくださいね。それなりのリスクをとる覚悟が必要な銘柄だと思います。疑義注記だし。
当たり前ですが投資(ギャンブル!?)は自己責任でお願いします。


人気ブログランキングへ


記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ